出産内祝い|贈り先の反応が嬉しくなりました

昨年2月に長男が生まれて親戚や友人などから、お祝いを頂きました。

長女が生まれた時には、専門店に出産内祝いを選びに行って、頂いた金額などに応じて予算を決めて選びましたが、

今回はカタログギフトでの対応にしました。最近は、色んな場面でカタログギフトを選択しています。自分で選んで貰った方が、必要なものや好きなものを自由に選べるし、その商品を選んで貰うこと自体が楽しめると思うからです。

逆に、迷ってしまって選びづらい人も居る様ですが、感想を聞くと、満足頂いてる方が多い様です。自分も内祝いを頂くことも多いのですが、失礼な言い方かもしれませんが、実用的なものも少なくて、困ることもあります。今回のカタログギフトは、インターネットで依頼する業者を比較して決めました。

業者を決めた内容は、商品の種類の豊富さはもちろんですが、生まれた子供の写真をカタログギフトの本を入れる箱に印刷してくれる、オリジナルなサービスがあったからです。

実際に商品を発送する前に、サンプルで確認させて貰ってからだったので、イメージ通りの状態で相手に届いていました。

インターネットで依頼することに、最初は少し抵抗もありましたが、みんなに宅配され届いた後の反応は予想していたよりも嬉しくなる内容でした。

出産内祝いは、今後何度も経験することではありませんが、

今回採用した業者さんのサービスは他の方にもぜひオススメです。これからも、色んな工夫がされたサービスを期待したいです。