出産内祝い|ママへの第一歩としてがんばりました

娘が産まれて、たくさんのお祝いをいただき、ありがとうという気持ちの後ろから

出産内祝いをどうしようという思いが首をもたげていた覚えがあります。

かれこれ7年前ほどの話です。

第一子でしたので、慣れない赤ちゃんのお世話をしながら、品物選びとお礼状の執筆でクラクラしていました。これも、ママへなるための第一歩としてがんばり、普段みなさんがお取り寄せしなくては食べれないようなスィーツの詰め合わせを内祝いとして贈らさせていただきました。

結果としては、みなさんに喜んでいただき、もみじの葉をあしらった模様の菓子箱は、後から小物入れとして代用できると嬉しいコメントまでいただきました。

でも、一件一件送料もかかり、額も結構かかったので、もう少し要領よくできればよかったなというのが正直な思いです。

友人たちから贈られてくる内祝いの品々は、有名ブランドのタオルなどが多いですが、みな百貨店などに出向いて手配してくれたのかなと思うと、大変な時によかったのになどと、自分の経験を重ねて思います。

出産後、育児用品のカタログを取り寄せてベビーグッズなどを頼んでいたのですが、

その中に出産内祝いのギフトカタログというものが入っていました。

送料なども無料で、タオル一つをとっても、良質なものが多く、お菓子やお茶など選択肢が多かったので、こんなセンスのあるカタログをはやく知っていたら楽だったなというのが後から知った感想です。