出産内祝い|家族が増えてから最初の贈り物

出産後、第一子だったこともあって、多くの方からお祝いをいただきました。もらって嬉しかった反面、

慣れない授乳や睡眠不足から出産内祝いをどうするか朦朧としながら考えていた記憶があります。

百貨店などにいき、良質のタオルにしようかと思いましたが、よくあるセレクトなので、結局地元のこだわりスイーツにしました。

菓子箱もお花の小さな柄で美しく、中の黒い色とのコントラストも綺麗だったので、食べ終わった後もきっと箱を使っていただけるだろうという思いもありました。

ですが、金額のことをまったく考えていなかったので、20人分もの送料を払うことになり、大変な金額になったことを覚えています。

それなら、百貨店のお得意様カードを使って買い物をした方がポイントはたまるしよかったような気がしました。良質なタオルは、家庭に入ると自分ではなかなか購入する機会もありません。

その後、幼児向けの通販雑誌を手にするようになり、その出版社が出している内祝いハンドブックというものを見て、皆が喜ぶような品揃えと送料無料の内容に、自分の時もこのようなものがあったら、あれだけ苦労することはなかったのになぁと思ったことを覚えています。

産まれる前から考えるのはおこがましいかもしれませんが、

内祝いは、家族が増えてから最初にやってくるお付き合いの第一歩なので、

余裕のあるうちから、考えておくとよいことかもしれません。こだわりすぎず、万人受けするものを選ぶのが間違いないと思います。