出産内祝い|お返しで感謝の気持ちを表す

出産をすると、友人や親戚などからお祝いを頂くことが多いと思います。お祝いを頂いたら、出産内祝いとしてお返しをすることがマナーです。大体貰ったお祝い品や金額の半額位をお返しすることが一つの目安になっているので、覚えておきましょう。

出産後は育児などで忙しくなりますので、妊娠中の間にカタログなどに目を通しておいて内祝いの目星をつけておくと、


後日注文するときにスムーズになるのでおすすめです。贈り物としてはお菓子や洗剤の詰め合わせ、カタログギフトなどが人気の高い商品です。

これといった決まりはありませんので、贈る相手が喜びそうなものを選ぶことが一番大切ではないかと思います。内祝いは、生後一カ月から二カ月の間に贈ることが無難だと思います。お宮参りが終わってから、発送する人が多いようです。

また、のし紙をすることが基本です。のし紙には、内祝と生まれた子供の名前を記載してもらいましょう。最近は読み方が難しい子供の名前が多いので、普通に読むことが出来ない名前の場合はふり仮名をふってもらった方が良いかと思います。

それとは別に、赤ちゃんの写真入りカードを添えるとお披露目にもなりますので贈った相手にも喜ばれると思います。最近ではインターネットで注文される方も多いと思いますが、その場合は、不備がないことをよく確認してから注文するようにしましょう。

出産内祝いを贈ることで、相手に感謝の気持ちを表す事が出来てより親密な関係になることが出来ると思います。