出産内祝い|心から感謝の思いを込めて贈る

何度か出産を経験した女性ならわかると思うのですが、予定日が近づくと、いろいろ考えることの一つに

「今度の出産内祝いは何にしようかな」

ということがあります。お祝いをもらうという前提なのもおこがましい話ではあるのですが、数回経験すると、毎度お祝いを贈って下さる方というのが自然と思い浮かんでしまうのです。

お祝いをいただく為に出産の報告をしているわけでもないのですが、親類ともなればどこかから話が伝わるので、「今度も頂くかもしれないからある程度、考えておこうかな」などと思ってしまいます。

とはいえ、臨月の大きなお腹であちこち歩いて探すのは大変です。万が一良いところがあったとしても、いざ産後買いに行くとなると生まれたばかりの子供を連れて行くわけにもいかないし、現実的ではありません。

そこで私はずっと、通販を利用していました。カタログを眺めるのはいい気分転換にもなるし、ゆっくりと内容を見ることができるのもメリットでした。

初産の時にたまたま産院で見つけたカタログがきっかけですが、産後でも慌てることなく内祝いを選べたことが満足でした。

品物については、他のギフトでも同じことが言えると思いますが、やはり贈る相手のことを考えて選ぶよう心掛けていました。

私は毎回、かえって相手のご負担にならないよう、気軽に使っていただけるものが多かったように思います。そして何よりも、子供の誕生を祝っていただいたことに、心から感謝の思いを込めて贈らせていただくようにしていました。