出産内祝い|赤ちゃんの誕生を一緒に祝って下さい

出産内祝いのマナーについてお話します。

まず出産内祝いとは、本来、「赤ちゃんの誕生を一緒に祝って下さい」という気持ちを込めて、赤飯や紅白のお餅を親戚や近所に配る習慣でした。

最近では、

お祝いを下さった方へのお返しの意味合いが強くなっていますが、感謝の気持ちを込めて贈ることが大切なマナーです。

次に、お返しの時期ですが、出産後1ヶ月ごろで、お宮参りを目安に手配するのが一般的です。遅くとも2ヶ月後くらいまでにお届けするのがマナーです。お返しの金額の相場は、半返しといって、頂いた金額の半分程度のものを贈るのが一般的です。親戚や高価なものを頂いた場合など、3分の1程度の予算でもかまいません。

次に、お祝いのギフト選びのコツですが、贈る方の好みを事前にリサーチしておくと良いでしょう。心を込めて選んだものならば、相手もさらに嬉しい気持ちになり、これからの人間関係がますます深まります。

しかし、普段お付き合いのない親戚や会社関係などは、相手の好みが分かりません。このような場合は、定番ギフトが無難です。定番ギフトと言えば、いくつあっても困らないタオルや食器などの日用品、お菓子や紅茶などの日持ちする食品が一般的です。

そして、のし紙の基本的なマナーですが、紅白の蝶結びのものを使います。「何度も繰り返したい」という喜びを表すときに用いられる結び方です。水引きの下には、お披露目も兼ねて赤ちゃんの名前を入れるのが一般的です。難しい読み方には、ふりがなをつけると親切です。メッセージカードを添えるのもお勧めです。