出産内祝い|赤ちゃん誕生のご近所への挨拶

出産したらお祝いを頂きます。そのお返しを出産内祝いと言いますが、

それは本来そのお家に新しい家族が増えましたという意味があり、お祝いをもらったかもらわないかにかかわらずご近所にご挨拶に回ったという名残なんだそうです。

現在では、いただいたお祝いに対してのお礼のお返しが内祝いとなっています。そんなお返しはどのようなタイミングで用意し、渡したらよいのでしょうか? 

その時期は出産後1か月、つまりお宮参りの時期位が一般的な時期なんだそうです。お返しの金額は3分の1から半分つまり半返しが相場ですが、半返しが最も多いとの事です。用意した物には紅白の蝶結びの熨斗をつけます。熨斗の下には生まれた子供の名前を入れます。読みにくい名前には振り仮名を振ると親切です。

では、実際内祝いを渡しますが、どのような物が選ばれているかというと、タオル等の寝具類が多いようです。タオルなら少し高級なものが喜ばれると思います。また、最近では

名入れの商品もカタログ等で注文できますが、名入れや写真が入っているものは親戚や親しい友人なら良いと思いますが、会社の上司等には避けた方がよさそうです。

どのようなものが好まれるか全然分からないとういう場合もあるでしょう。そんな時はカタログギフトなら渡した方が好きなものを選ぶことができるので、迷った時はカタログギフトなどもよいかと思います。またカタログギフトもグルメ専門のものなどもあるのでそのようなものも参考にするといいと思います。