出産内祝い|誰がもらっても困らない

友達に子供が生まれた時、よほどの仲良しさんにしか出産のお祝いを贈らなかったせいで、自分が出産した時には、何をお返ししていいのか悩んでしまいました。インターネットで出産内祝いという単語を検索して、ありとあらゆるものが、内祝いとしての商品になっているのだなと知ることになりました。自分の場合、親戚や友人、本当にいろいろな人からお祝いをもらったのですが、出産後は体がなかなか回復せず、すぐにお返しをしたかったのですが、色々と悩んでいる暇がありませんでした。その為、だれがもらっても困らないものは何だろうと悩んだ末、子どもの体重の米「ウェイト米」を準備することにしました。ウェイト米といっいも本当にたくさんの会社から商品が出ていて、それでまた悩んでしまいましたが、外装より子どもの祝い感があるものということで、子どもの写真を印刷してくれて、女の子らしい包みに包んでくれるもの、各地にも直接発送してくれるもの、地元の人にはまとめて私に行きたいので、箱にものしが付けてもらえ、自分たちのコメントが封入できるところを選びました。子どもの写真も、出産して数日後の笑ったように見える写真を使っていただくことができて、もらった人にも喜んでいただけました。生まれた子供の大きさも想像してもらえるし、毎日食べるご飯になるということで、各地からお礼の言葉が聞くことができて、本当にウエイト米にしてよかったと思いました。誰がもらっても困らないというのは本当に悩んでしまうところでした。