出産内祝い|内輪の絆を深めていく

贈り物に対するお返しは世界でもめずらしい文化と言われることがあります。しかし、お返しという考え方はどこの国でもあると思います。例えば、日本人なら誰もが中学の時に習ったであろう英会話How are you? に対する返事、I’m fine thank you, and you?は、アメリカ文化にも気遣いをかけられたら、相手にも返すというコミュニケーションが存在します。むしろ「お返し」を「内祝い」と表現することこそ日本独特の文化と言えるのではないでしょうか。もともと字の如く内輪での祝い事をさす言葉です。これによってお祝いと感謝の往復の人間関係に、そこはかとない深みが加えられます。ですから、出産内祝いをただのお返しという考え方で処理するのは少し寂しいような気がします。出産直後はいろいろ慌ただしいのが常ですが、人生において最もめでたいといっても過言ではない出来事ですので、内祝いにもやはりこだわりたいものです。今世間ではどのようなものが流行っているのでしょうか。インターネットを見てみると、お米や、高級タオルといったものが人気なようです。中には子供の名前をラベルにした日本酒などというものもありました。ラベルでいえば、赤ちゃんの足形と名前を彫刻した贈り物も感動的だなと思いました。他にもお菓子や食器など様々とりあげられています。先に貰った贈り物が、結婚式などとは違って、人によってまちまちだというのも出産内祝いを選ぶことを難しくしている一つの要因でしょう。紙おむつだったり、ベビーカーといった物品をいただくこともあるでしょう。そいうったものの価値を判断して相応のものを返さねばいけません。一人一人考えていかないといけなくなります。手間で多少気が重くなるかもしれませんが、そういうものなのです。内輪の人間の一人一人の事を考えることが、内輪の絆を深めていくことにも繋がります。デパートの売り場や、インターネットの画面の前で思い切り悩んでみましょう。