出産内祝い|愛情が伝わってくる

20代後半から30代前半の期間は、まわりの友人たちがどんどん結婚して出産するので、色々な人に出産のお祝いを贈りました。それと同時に、色々な人から出産内祝いをいただきました。内祝いといっても、今は色々なものがあるんだと感心します。今までいただいた内祝いは、キッチン用品、食器、赤ちゃんの生まれた体重分の重さが入ったお米、インテリア用品、ギフトカタログ、商品券、タオルなど、本当に色々です。その中でも、今の時代っぽいなあ、と思ったものは、シリコンスチーマーの詰め合わせです。シリコンスチーマーを使って電子レンジで簡単にエコ料理が出来る、というのが流行ってきたころでした。私は、シリコンスチーマーを持っていなかったので、これはもらって嬉しかったです。あとは、定番のお米も必ず使うものなので、嬉しいです。唯一、置き場に困ったものは、すごく大きな立派なお皿です。私はアパート暮らしでキッチンの収納が少ないため、あまりにも大きなお皿だと収納棚に入らず、置き場に困ります。すごく高価な素敵なお皿だったので、料理好きな実家の母に見せたら、使いたい、とのことだったので、申し訳ないのですが母に差し上げました。現実的に、商品券やギフトカタログも素直に嬉しいです。ギフトカタログは、北海道グルメカタログというものをいただきました。北海道グルメがたくさんあって、どれもおいしそうでした。内祝いは赤ちゃんの写真やメッセージカードですごく愛情が伝わって、もらう方も幸せな気持ちになります。