出産内祝い|生活環境を考えて贈る

自分が内祝いをもらった時に、一緒に写真と名前入りのカードが付いてくると、そのカードの処理に困るので、自分が内祝いを贈るときは、カードは付けないか、熨斗にしたり、カードを付けるにしても写真は付けないようにしています。贈る品物は、私の場合は、その人個人個人の生活環境を考えて贈るようにしています。たとえば、もうすぐ出産が近づいている友達なら、産後すぐ使えるベビー用品だったり、同じ頃に出産した友達なら、赤ちゃんにはタオルをよく使用するのでバスタオルだったり、それ以外の人なら、残るものよりも使い切れるものの方がいいのではないかと考え、お菓子や洗剤にしたりします。少し高額なお祝いを頂いた場合は、カタログギフトにしたりもします。全員カタログギフトににしても良いのですが、お返しの金額は、頂いたお祝いのだいたい半額にしているので、あまり安いカタログギフトだと掲載されている商品にあまり選択肢がないように感じるので、高額な人だけにしています。友達や親戚と違い、両親へのお返しこそ、何を贈っていいのか一番悩まされるので、友達や親戚には避けていた子供の写真入の抱っこ米を贈りました。生まれた時の体重と同じ重さのお米で写真が印刷されているので、抱っこしている気分になって大変喜んでくれます。うちの子供は大きく生まれたので、他の方より少しお得でしたし、お米なので食べることが出来て両親に喜ばれました。