出産内祝い|お祝いもお返しも贈る想いは同じ

家族や親戚、友人などからいただく出産のお祝いは、とても嬉しいものです。でもその後すぐに考えなくてはならない内祝いは、意外と悩みます。

少しイヤらしいかもしれませんが、金額によってお返しする金額や商品を変えてみたり、友人と親戚関係では商品内容を変えてみたり、お菓子にするのかタオルなどの実用的なものにするかなど様々です。

お祝い金として現金をいただいた際は、金額が目に見えてわかるのでお返しの商品を選ぶ場合でも検討しやすいのですが、お洋服やおもちゃなどの品物をいただいた場合は、おおよその予想を立ててお返しを選んだりもします。

実際に、内祝いの品物としては『生まれましたハガキ』のような紹介状を同封して、内祝い熨斗を付けてお菓子セットやタオルギフトなどが一般的だと思います。

それでもどんなに考えてもなかなか商品が決まらず、日にちだけがどんどん過ぎていくということだけは避けたいので、どうしても何を贈ろうか悩むようであればカタログギフトが無難です。

こちらで決められないなら先方に好きな物を選んでいただいた方が安心です。カタログギフトは、内容も充実しているので選ぶ楽しみも嬉しいものです。過去に内祝いをいただいたことも贈ったこともありますが、今までにあげてきた物がほとんどだったと記憶しています。

ただ過去に一つだけユニークな内祝いをいただいたことがありました。それはお子さんが生まれた時の体重分の重さのお米でした。結婚式の時に両親への花束代わりのウエイトベアは知っていましたが、まさか、出産の内祝いでこんなユニークな商品があるのかと驚かされました。

お米なのでありがたくいただきましたが、時代の変化を感じた体験をしたような気がしました。

お祝いを贈る時も、内祝いを返す時も、贈る想いは同じだと思うので

受け取った際に、『先方が喜んでもらえるような物=自分がもらって嬉しい物』を選びたいと常日頃から心がけています。