出産内祝い|お返しの決まりごとは気にせずに

出産のお祝いを頂いたらお返しとして出産内祝いをお贈りします。

この風習は日本独特のものなのかわかりませんが、中国人の知り合いに話したら「なんと、面倒な」と呆れられました。中国では出産したら1ヶ月後にレストランなどにお祝いを下さった方々や友人達を招いてお祝いの会をするそうです。それ以外には贈り物など一切必要ないのですって。

しかし、ここは日本。うちにも娘がいまして出産した当時、お祝いをたくさん頂きました。海外在住だったので、内祝いをどうしようか悩みましたが、今はネット通販の内容が充実しているので助かりました。

一番多く利用したのはベネッセの「たまひよ内祝い」でした。子供の名前を入れたカステラやバームクーヘンが値段も手頃で良かったです。

カステラは確か文明堂のものでした。同じ商品なら宛先を複数登録できるので楽ちんでした。先方にも喜んでもらえたようです。たまひよのイラスト付きでもあるので、かわいくて切るのがかわいそうで困った、なんて感想も。

あと、おしゃれな子供用のエプロンを下さった友人へは、たまたま日本に用事で帰国した旦那に頼んで、デパートで高級菓子を贈る手配をしてもらいました。

高級感のあるものを選びたかったら、やはりデパートで実物を見て贈るのが間違いないかなとも思いました。

少し時間が経ってから頂いたお祝いについては、自分が帰国した際にやはりデパートへ出向いてお品を選びました。

海外在住の先輩には稲庭うどんのセットをお届けしました。個別にであれば出掛けるのもそんなに苦ではありませんからね。

内祝いにも何かしら決まりごとがあるのかもしれませんが、うちの場合は特にこだわらず、プレゼントを頂いたから普通にお返しをするというスタンスで商品や価格を決めていきました。

繰り返しになりますが、ネットは情報集めにも便利ですし、たくさん贈らなければならない時は特にお勧めです!