出産内祝い|友達のお返しの手伝いをしました

趣味でカメラをやっている私ですが、


先日友人の出産内祝いの準備の手伝いをしました。


手伝いと言っても、可愛らしい友人の赤ちゃんの写真を撮って簡単に色味など修正する作業と、画像系のソフトを使い、メッセージカードを作るという簡単なものでした。

贈り物は無農薬の有機栽培のお米でした。

カメラから時々顔をずらして、「いないいないばー」をすると、友人の赤ちゃんはにっこりと愛らしく微笑んだ写真が撮れました。

贈り物を選ぶのも少しお手伝いしました。自分の子供の時はオーガニック素材で作られた洋菓子の詰め合わせにしたのですが、これが「ちゃんと子供のために『食』について考えている」と評判が良かったので、そのことを友人に伝えると無農薬の有機栽培のお米が浮かび上がりました。

こちら、実は赤ちゃんの写真がパッケージに印刷されるのです。私の撮影した写真を使ってもらい、実物が届くと唯一無二の特別な出産内祝いができました。

とても評判も良かったようです。また、作ったメッセージカードも親子三人の幸せな様子が喜ばれました。

彼らをずっと見守ってくれていた目上の方達からは、赤ちゃんだけでなく、「あいつが親にてなるなんて大丈夫か」と心配をしていたけれど、しっかりとした表情と手つきで赤ちゃんを抱き守っている姿に、安心と成長の喜びを覚えたとお言葉をいただけたようです。

出産内祝いは、親が独りよがりで盲信的にならないよう通る大事な社会的な機会だと思います。

楽しみながらも人との関係性を大事したいものです。私もまた二人目の時も手を抜かず面倒がらずに選びたいと思います。