出産内祝い|お産はお金がかかります

出産はお金が掛かりますよね。

でも具体的にはどれくらい掛かるのか分かっていないものです。芸能人や有名人が豪華ホテルのような病院で出産したなんてニュースを聞くと、いくら掛かるんだって思います!

高額な話はさておき、一般的な出産に掛かる費用を調べてみました。出産にかかるお金は検診代と出産費用になります。正常な妊娠や出産であれば、検診代や出産費用には健康保険が適用されません。

検診代は病院によって変りますが、1回につき5,000円程度の費用がかかります。検診は出産まで平均14回ほど必要になり、単純計算 でもこれだけで7万円です。負担はかなり高額なものになります。

最近は、多くの自治体が妊娠に関する検診代を公費で負担してくれています。お住まいの自治体の制度を 確認しておけば安心です。出産費用は病院によって大きく違いますが、平均は47万円程度だそうです。

しかし、嬉しいことに加入している健康保険から「出産育児一時金」が支給されます。この出産育児一時金は、健康保険や国民健康保険などの被保険者またはその被扶養者が出産したときに支給されるもので、平成23年度の支給額は 42万円(産科医療補償制度加算対象出産ではない場合:39万円)。

この一時金で、出産費用のほとんどをまかなえるので安心です。「直接支払制度」が導入されている病院では、一時金が病院に直接支払われます。窓口での負担は出産費用と一時金の差額だけとなるので、大金を用意しなくても大丈夫ということになります。

こうして調べてみると、色々な補助は大きいですね!検診代の自治体負担は助かります。でも自治体によってはないところもあるらしいです。自治体の財政次第って感じですね。でも、出産育児一時金は健康保険が支払ってくれるので、健康保険に入っていれば大丈夫です。出産育児一時金は嬉しいですね!