出産内祝い|祝福するのはお気持ちが大事

昭和の頃の女性たちは、20代前半で結婚する人が全体の3割を占めていました。結婚後は子どもを出産して家庭に入るのが一般的と考えられてきた時代です。

現在、20代前半の出産は減少し、30代での出産が増加しています。女性の社会進出により仕事を持つ女性が増え、それに伴い初婚年齢が上がり、自然と初産年齢も上がるという流れがあります。

話は変りますが、出産は大変です。何を突然と思われたかもしれませんが、「産みの苦しみ」という言葉もあります。出産は多くの人にとって楽なものではありません。

お腹の中に数ヶ月もいて、その間は食事制限もあり、体力作りにも励まなければなりません。その間、色々なことがあり、大事をとって入院する場合もあるでしょう。

そうなんです。出産は大変なんです。ですから、無事に出産を終える事が出来れば、すごく感動するんです。無事に出産を終える、それはとても素晴らしい事なんです。

ですから、

出産を祝福してあげたいと思うし、してあげるべきだと思います。出産を祝福するのはお気持ちが大事になってくるのですが、相場というものがあります。

金銭の場合は相場を知っておく事で無礼や失礼を回避する事が出来ます。ですが、相場といっても決まった金額などがあるわけではありません。地域的風習もあり、職場によっては金額が決められたところもあります。

相手との関係の深さなどによっても金額は上下します。よくわからない場合は、ご両親などに聞いてみるのも良いでしょう。大体の相場としては、相手との関係性の程度に応じて、5,000円~10,000円と考えられています。良くある一般的な相場です。