出産内祝い|晩婚化による高齢出産の増加

最近では女性の社会進出や晩婚化が進み、高齢出産が増えてきています。

高齢出産とは35歳以上での初産の場合を一般的にそう言われています。35歳という年齢に何か特別な意味があるのかというと、そういうわけではありません。

高齢出産のリスクは、あくまで30歳を超えたころから徐々に高まっていくもので、35歳を境として、急に危険性が高まるというわけではありません。

高齢出産を迎えた女性が、どうしても子供がほしくて一生懸命不妊治療にも臨み、やっとのことで待望の妊娠を知ったとき、今までに感じたことのない底知れぬ恐怖を感じたそうです。すごく良く分かる話だと思います。

何も知らないことへの恐怖は計り知れません。今までは何も考えずに、待望の妊娠に向けて努力をすることで、その不安を解消していたのでしょう。その希望がいったん叶うと、心の奥底にたまっていた不安が吹き出してくるのでしょう。

色々な情報を知り、メリットやデメリットを知った上で望めば不安も少なくてすむはずです。知識や情報があるとないとでは、その先にあるものが変ってくると思います。

知らない不安よりも知ったことへの不安が多いという方もいると思いますが、それを上回る安心があると思います。