出産内祝い|名前を入れた贈り物を飾っている

恥ずかしいことですが、

出産を経験してから、出産内祝いという言葉をしりました。

妹の時にはお祝いの贈り物をしたのですが、お返しなどなかったので、あまりなじみのない言葉でした。

そして、その言葉を聞いたとき、出産した家族や赤ちゃんに贈るプレゼントが内祝いと呼ばれるものだと思ったのですが、そうではなくて、もらったプレゼントのお返しを内祝いと呼ぶことを知りましたが、なんとなくいまでもこんがらがってしまいます。

なにはともあれ、内祝いの品を考えるのは出産前にしておいたほうがいいということをつくづく感じました。私は考えるのがとても遅かったので、お返しにも手間取ってしまい、旦那様や義両親を少しはらはらさせてしまったと思います。

お返しの用の商品が載ったパンフレットなどたくさん届くのですが、たくさんある中から選ぶのはとても迷いました。いっぺんに頼むべきか、もらったかた一人一人に合わせて選ぼうかとか考え出すとなかなか進みませんでした。

結局、周りの意見などを聞きながら、迷いに迷って、子供の名前を入れた砂糖菓子と商品券にしました。

近い人には私の好きな醤油セットなどにしました。正直、いただいた金額の半分以上をお返ししなければならないという常識があることもしりませんでしたので、それだったら半分のお金をもらって、お返しなしのほうが楽なのになあと思ったりも不謹慎ながらしてしまいましたが、

子供の名前を入れた砂糖菓子を飾ってることなどの話を聞きますと、とてもうれしく感じます。