出産内祝い|名入れギフトで御披露目がてら

私は子供を出産したときは、ありがたいことにたくさんのお祝いを頂きました。親類や友人、妊娠まで在籍していた会社の上司など色んな方から頂きました。

初めてのことだったので、出産内祝いをどうすればいいのか分からず、

マナーの本を読んだり、親にどのようにすればいいのか聞いたりしました。お返しに失礼なことがあっては大変なので、とても気を遣いました。

便利だったのはお返しをインターネットで贈れることでした。産後はもうバタバタしていたし、なれない子育てもありお店に行くことができませんでした。インターネットなら子供が寝てくれた短い時間でもサッと見れることができるのてとても助かりました。

また、値段ごと、種類ごとにカテゴリ分けしてあったり、贈る相手によって、お薦め商品をピックアップしてくれたので選ぶのに時間を省けました。

お返しとして贈ったのは、食品類が一番多かったです。値段も手頃なものから高価なものまで幅広くあり、また華やかなものもあるので選びやすかったです。

次に多く選んだのはカタログギフトでした。カタログギフトだと、その中から好きなものを選んでもらえるので、贈っては失礼なものを選んでしまう心配がなく安心でした。インターネットで、カタログの中身も確認できたのも良かったです。

友人や上司には贈りませんでしたが、両親や祖父母にはもう一つ名入れの砂糖細工を贈りました。

できれば御披露目がてら他の友人や親戚にも、名入れのギフトを贈りたかったのですが、貰っても困るといる話を聞いたこともあったので念のためやめにしました。

名入れギフトは両親、祖父母にはとても喜んでもらえて良かったです。出産内祝いを選ぶのは大変でしたが、終わってみたら楽しかったようにも思えます。