出産内祝い|前もってお返しを考える

元々、出産内祝いとは、子供が生まれた喜びを込めて親類や近所の方々に配るものの意味があり、自家の祝いという意味で「内祝い」でした。しかし、近年は出産のお祝いを頂いた方にお返しをするというものに変遷しています。時期としてはお宮参りをするあたり。出産後一か月ごろが目安となります。相場としては頂いたお祝いの三分の一から半額程度。最近は「妊すぐ」「赤すぐ」「たまごクラブ」などいわゆるマニュアル雑誌がたくさん出ています。そんな雑誌を見てみると、名入れシリーズや写真を入れられるシリーズなどたくさん出ているので、妊娠中からチェックしておくとよいでしょう。なんといっても、妊娠中はとっても暇ですが、赤ちゃんが生まれて一か月ごろは目が回るほど忙しいうえに寝不足気味な日々。そんな時に、一から内祝いを探すなどということは楽しいよりも煩わしいものとなりかねません。お返しが2000円ならこれ、5000円ならこれ、一万円ならこれと決めておくととてもスムーズにストレスを抱えることなく決められます。意外に厄介なのが、「パパが会社の同僚からみんなで頂きました」っていうタイプのお祝い。金額の割には人数がとても多く、いくらぐらいのお返しをすればいいのか悩みどころとなります。こんな時には、ハンドタオルやハンカチ、紅茶または入浴剤などが多いようです。赤ちゃんが生まれたのはとてもうれしいけれど、忙しくて内祝いまで手が回らないというのはよくあること。思い通りにならない育児にイライラする前にできることは妊娠中に用意しておくとよいと思いますよ。