出産内祝い|生まれた子供の写真

人と人のつながりを大切にする今の世の中の表れなのか、現代の出産内祝いは多様です。家族が増えたことに対しての喜びを内祝いの中でも表現している物が増えてきたような気がします。その中でもメジャーなのが、子供の顔写真を使って商品にアレンジしたり、お礼のメッセージカードの中に名前入りの写真を添付したりするのがあります。長期保存できるカッププリンのフタに、子供の写真をパッケージとして使っていた商品がありました。食べたらフタは捨ててしまうので、残念ながら内祝いの品として長年残ることはありませんが、箱を開けたときにインパクトは大です。長期保存できるという性質から、何となく食べづらくてずっと冷蔵庫の中に眠っていたりして、冷蔵庫を開けるたびにプリンを見て友達と赤ちゃんを思い出すなんてこともあります。また、子供の写真と名前をメッセージカードに印刷して、内祝いの商品に添付するのも温かみが伝わってきます。メッセージカードは余白部分が多いので、手書きでメッセージを書いただけでオリジナルカードが完成し、ますます温かみが増すのも嬉しいです。カードに写真と名前が書いてあるので、わきに生年月日など書きとめておくと翌年の誕生にメールでお祝いを伝えることができたりして便利です。いつも使う手帳にカードをはさんでおけば名前も忘れることがないので、友達と話をするときはいつでもきちんと名前で呼んであげることができます。人の名前ってなかなか覚えることができないものですが、こうやって日があいてもきちんと名前を憶えていてくれると人は嬉しいものです。こういった感じで、生まれた子供の写真を使った出産内祝いは、もらった側もとても温かい気持ちにさせてくれるので幸せです。