出産内祝い|赤ちゃんの名前を覚えてもらう

出産内祝いは、産まれた赤ちゃん、ご両親へお祝いを頂いたことに対してお返しをすることという解釈が一般的です。お祝いして頂いた方に、赤ちゃんの名前をお知らせするとともに、お祝いへの御礼をする、日本の習慣とも言えます。お返しは高額でない場合は大体半返し、高額の場合は三分の一お返しすれば十分と考えます。慣れない赤ちゃんのお世話で忙しい時期とは思いますが、お祝いを頂いてから一ヶ月位を目安にお返しを送りましょう。今はインターネットで注文して、メッセージカードを付けるサービスも行ってくれるお店もありますので、お世話の合間をぬってお返しを考えましょう。基本は、贈る相手のことを考えて贈る品物を選ぶ、ということです。相手の方の顔を思い浮かべながら選びましょう。その方も、あなたのことを思ってお祝いを贈ってくれているのですから。具体的な内祝いのギフトのお話をしましょう。大体2000~3000円程度のものから5000円程度のものを贈る場合が多いと思います。低価格の場合はお菓子が良いでしょう。バウムクーヘン、角砂糖、せんべい、カステラなど、赤ちゃんの名前を食べ物に印刷してくれるお店も多くあります。名前を彫刻した日本酒などもあります。インパクトもあるので赤ちゃんの名前を覚えてもらうのに一役買う事でしょう。産まれたときの体重のお米のギフトなんていうのも面白いかもしれません。たくさんの種類があるギフト。相手への感謝を込めて、お返しのギフトをしっかりえらびましょう。