出産内祝い|名前入りも人気です

出産内祝いとは、子供が産まれて親戚やご近所、お世話になっている方から頂いた出産のお祝いに対するお返しとして贈るものです。また、これからよろしくお願いします。といった挨拶でもあります。贈るタイミングとしては出産後、またはお祝いを頂いてから30日~2ヶ月後ぐらいまでにお返しするのが基本です。遅れていただいた場合などは、その都度早めにお返しできるようにしましょう。産後すぐですと、身動きがとれずバタバタしてしまうこともあるので余裕がある妊娠中に予想がつく範囲で、ある程度品物を準備しておくのもよいです。マナーとしては頂いたお祝いの半額を目安に。あまり金額が低いものですと相手に失礼にあたってしまったり、逆に高額なものですとかえって相手に気を使わせてしまいます。だいたいの金額を見据えたお返しをしましょう。贈り物としては、お菓子やタオルといったものが一般的です。子供の写真や名前が入った記念品もよく見かけますが、最近人気があるようです。身内や親しい友人には赤ちゃんの名前の入った日本酒やワインも喜ばれると思います。のしの表書きには、上段に内祝いと書き、下段に子供の紹介にもなるので名前を書き入れます。なるべく手渡しで「心ばかりの品ですが。」などと一言添えて渡すと印象も良くなると思います。遠方の人にも必ずお礼状を書き入れて贈りましょう。また、相手によって選ぶ品も替えましょう。お返しは気持ちでもありますが、やはり信頼関係にも繋がってきます。気持ちのこもった品を贈る事が一番です。