出産内祝い|赤ちゃんの足形

出産のお祝いをいただいた方には、出産内祝いを贈りましょう。出産後は、慣れない育児で忙しいかもしれませんが、せっかくお祝いをくださった親戚や職場、近所の人に失礼があってはいけません。できるだけ、1か月以内には相手が受け取れるよう準備をします。最近では、直接持参しなくても、郵送、宅配でもかまわないとされていますが、近所の人ぐらいには、今後も泣き声やいろいろな騒音で迷惑をかけることも多くなるかもしれませんので、挨拶をかねて、生まれた子どもも一緒に連れて、お返しを持っていくと、先方にも喜んでもらえ、今後無用なご近所トラブルに悩まされることも少なくなることでしょう。出産内祝いはタオルや寝具などのリビング用品やカタログギフトなどを贈ることが多いです。紅白蝶結びの水引を使い、子どもの下の名前のみを書いてもらいます。振り仮名もふっておくのが一般的です。デパートや内祝いを多く取り扱うお店であれば、包装紙も慶事用のものを使ってもらうことができます。郵送で送る場合は、お礼状かメッセージカードを入れておきましょう。お店で用意してくれる場合もありますが、せっかくですので、子どもの写真を添えたオリジナルのものを入れておくと、先方も嬉しく思ってくれることでしょう。最近では、子どもの名入りのお菓子などを特注してくれるところも増えてきています。名入れといえば、赤ちゃんの足形と名前などを彫刻したワインや日本酒もめずらしくて喜んでもらえると思います。ただ、日数がかかるところがほとんどですので、もし利用したいのであれば、できるだけ早めに注文をかけ、お返しの時期が遅れることのないように注意しましょう。