出産内祝い|喜んでもらえる物がいい

私は2児の母ですが、有難いことに一人目も二人目も、親戚や主人の会社関係、友達と多くの方からお祝いをいただきました。そのお返しとして、喜んでもらえる内祝いがいいなと思い、上の子の時に、お店に行って主人といろいろ見て回り悩みました。親戚のほとんどは1万円なので、5千円弱は返したいところです。若い人も年配の人もいて年代が幅広いので、みんなに合わせるのもなかなか難しいし大変だなと悩んでいた時、お店の方からカタログギフトを勧めてもらいました。金額も3千円からあり、好きな物を頼んでもらえるのが魅力的だなと感じました。結婚式の引き出物でもらうことの多いカタログギフトですが、使いにくい引き出物をもらうよりも、自分で好きな物を選んでもらうほうが何倍もうれしいです。主人が結婚式に出る回数が多いですが、カタログギフトをもらって帰るとすごくうれしくて、毎回どれにしようか何度も見返して物色しているくらいです。そんな私の思いもあって、お返しはカタログギフトにすることに決めました。カタログにも様々な種類があり、それぞれの年代や金額にあったものを選びました。グルメや雑貨がいろいろ載っているので、きっと欲しいものが見つかるだろうなと感じました。そして主人の会社関係は連名なので一人一人の金額が少ないので、500円の図書カードにしました。もちろん多くお祝いをくださった方にはそれ相応のカタログギフトを選びました。おじいちゃん、おっばちゃんには、カタログと一緒に赤ちゃんの足形を彫刻したグラスを贈りました。出産内祝いと言えば、よく赤ちゃんの名前が入った商品を目にします。赤ちゃんの名前の初めてのお披露目になるので、とても人気があるそうです。カタログギフトと一緒に赤ちゃんの写真と名前が入ったメッセージカードもつけてもらいました。贈った方々からはとても好評で、私たちがカタログギフトにして以降、親戚の間での内祝いはほとんどがカタログギフトです。